リソークリニック がん 細胞治療外来 患者様の状況、ご希望を伺いながら患者様にとって最適な治療方針についてお話してまいります。

クリニック
コンセプトconcept

Responsibility
最後まで責任をもち
Interaction
人と人とのつながりを大切に
Solution
痛みやつらさを一緒に解決し
Origin
がん治療の新しい起源を目指します

馳澤 憲二先生

馳澤 憲二

東京大学医学部卒業 医学博士。

昭和大学北部病院放射線医学講座 放射線治療部門教授

放射線治療専門医、日本放射線腫瘍学会認定医。

東京大学医学部卒業後、同大学附属病院にて助手、ガンマナイフの治験を日本で初めて行うなど、数多くの先進医療の導入を手がけ、筑波大学陽子線医学利用研究センター講師等を経て昭和大学横浜市北部病院で放射線 によるがん治療を担当。

さらに日本でのがん免疫治療の創設者であった江川滉二先生と共に医科研で発癌と免疫治療の研究を行っていた、放射線と放射線免疫療法の第一人者。

著書に「働きながら「がん」を治そう」(集英社新著)など。

Development Base ニューセルワクチン治療は、世界屈指のがん研究拠点である
ハーバード大学ダナ・ファーバーがん研究所にて開発された、
がん免疫治療になります。

  • ハーバード大学
  • ハーバード大学
  • ハーバード大学

Solution リソークリニックでは
これまで、そしてこれからのがん治療について、
経緯や症状を踏まえたうえで、最適な治療方針をご提案いたします。

リソークリニックではがん治療で次のようなご相談の方にお越しいただいております。

  1. 転移、再発をして、今後の治療方針にお悩みの方
  2. 新たな治療法を検討したい方
  3. 再発が不安で、何かできる治療はないか探している方

微熱、倦怠感などを感じる場合がありますが、重篤な副作用の報告はありません。

  • 医師が直接ご相談いたします。

    医師が直接ご相談いたします。

  • 新しい治療法をご説明いたします。

    新しい治療法をご説明いたします。

  • 生活の質が維持できる方法を提案します。

    生活の質が維持できる方法を提案します。

治療について、再発・転移で治療法を検討中の方など、積極的にご検討の方は、
リソークリニックが提供する「がんに対する細胞治療外来」の無料相談にお申込み下さい。

About New Cell vaccine ニューセルワクチン治療の3つの特徴

  1. ニューセルワクチン治療は
    国内外で臨床研究を行ってきたがん治療法です。

    ニューセルワクチン治療は、日本や米国で数多くの臨床試験を積み重ねて出来た治療技術です。患者さん自身のがん細胞を使ってがんを攻撃するというがん治療になります。

  2. ニューセルワクチン治療は世界にたった1つの
    完全オーダーメイド型のがんワクチンを調製します。

    患者さん自身の細胞(樹状細胞)とがん細胞から新しい細胞を生成し、完全オーダーメイド型がんワクチンを調製、患者さん自身にこのワクチンを皮下注射により投与していきます。
    患者さんの細胞をもとにワクチンを調製しており、微熱、倦怠感などを感じる場合がありますが、重篤な副作用の報告はありません。

  3. ニューセルワクチン治療は
    がん細胞の変異などにも対応、がんを特異的に攻撃します。

    がん細胞そのものが変異をしたりしても、このニューセルワクチン治療は、患者さんのほぼすべてのがんの情報(がん抗原情報)を持ち、がん細胞を攻撃する指令をキラーT細胞(CTL)に出します。
    このキラーT細胞(CTL)ががん細胞を特異的に攻撃していきます。

POINT

ニューセルワクチン治療は、ほぼすべてのがん種に対応しています。

対応がん種
肺がん、
前立腺がん、
胃がん、
精巣がん、
肝臓がん、
皮膚がん、
食道がん、
すい臓がん、
膵がん、
骨腫瘍、
骨肉種、
大腸がん、
軟部腫瘍、
胆道がん、
胆管がん、
胆嚢がん、
腎(腎細胞)がん、
膀胱がん、
喉頭がん、
子宮頸がん、
子宮体がん、
外陰がん、
頭頚部のがん、
卵巣がん、
小児がん、
乳がんなど

※外科手術・化学療法・放射線療法の3大標準治療でも難しい転移・再発したがんのほか、難治性のがんや進行したがんについてもご相談くださいませ。

Combination Treatment コンビネーション治療で、がんに対しての相乗効果が期待できる

単独での治療のほか、患者さんの状況に応じて、外科手術、化学療法、放射線治療や最近話題のチェックポイント阻害剤など、他の治療と組み合わせたコンビネーション治療を行い、その相乗効果も期待できます。現在の患者さんの状況をお聞きし、個別にベストな治療計画を立て、適切な時期にニューセルワクチン治療を受診することができます。

ニューセルワクチンはどのようにできるのか

ニューセルワクチンは患者さん自身の細胞(樹状細胞)と、患者さんから取得したがん細胞を融合させ、新しい細胞(ニューセル)を生成します。これから完全オーダーメイド型がんワクチン(ニューセルワクチン)を調製します。

樹状細胞とがん細胞を融合させ「ニューセル」が出来るまで

  1. 1

    融合開始から1時間後。患者さんから採取したがん細胞(中央の大きな細胞)と樹状細胞(突起をもつ小さな細胞)が接している。

  2. 2

    融合開始から2時間後。二つの細胞の融合が進んでいる。

  3. 3

    融合開始から4時間後。がん細胞と樹状細胞の融合が完了した結果、一つの樹状細胞のようにみえる。

ニューセルワクチン治療の特徴

  1. キラーT細胞(CTL)への抗原提示が多いためより多くのがん細胞を攻撃できる
  2. がん細胞の変異にも対応でき、がんを狙い撃ちし続けることができる

How to get Therapy 受診の流れ

    • 来院無料相談

    • ニューセルワクチン治療をご検討の方に対して、医療相談を無料で行っております。
      お電話かお申込み画面からお申し込みください。
      ご来院の際には、過去の治療履歴、診断内容がわかる資料(診療情報提供書など)をご用意ください。

      ※来院無料相談はクリニック、あるいはクリニック指定の場所でお願いしております。

    • 治療の同意

    • 当院の治療は自由診療です。
      治療の説明にご納得いただいた上で、同意書を頂戴します。
    • 初回の診察・採血

    • ニューセルワクチンの調製の為に採血をさせて頂きます。
      ニューセルワクチンの材料となるがん細胞の入手方法については、医師からご説明いたします。
    • ワクチン調製

    • 個人差がありますが、平均的にはニューセルワクチンの材料となるがん細胞の到着日から換算しておおよそ2週間~6週間程の日数がかかります。
    • 治療

    • ワクチン調製状況に応じて、治療開始日を決めさせて頂きます。平均的な治療法は2週間毎のワクチン投与で、1クールは6回投与です。
  • ●ニューセルワクチン治療をご検討の方に対して、医療相談を無料で行っております。お電話かWEBでお申込みください。
    患者さんご本人のご来院をお待ちしています。過去の治療履歴、診断内容が分かる資料(診療情報提供書など)をご用意下さい。

    ※患者さんによくご理解いただくためにも、ご来院でのご相談をお願いしております。

  • ●当院の治療は、自由診療です。医師からの説明にご納得いただいた上で、同意書を頂戴します。
  • ●ニューセルワクチンの調製の為に採血をさせて頂きます。ニューセルワクチンの材料となるがん細胞の入手方法については、医師からご説明いたします。
  • ●個人差がありますが、平均的には材料到着日から起算しておよそ2~6週間程の日数が掛かります。
  • ●上記のワクチン調製状況に応じて、治療開始日を決めさせて頂きます。平均的な治療法は、2週間毎のワクチン投与で、1クールは6回投与です。(医師の判断で、当院の治療の間に、他医療機関での治療を併用いただける場合もあります。)

Cost 費用のご案内

項目 内容 金額(消費税別)
初診料 初回診察料 10,000円
再診料 再来院の診療毎 3,000円
文書作成料 1通 3,000円
ニューセルワクチン治療 1クール:
ニューセルワクチン注射6回及び
IL-12注射12回
3,000,000円

■ 外国人の方は別途価格についてはご連絡ください。

Clinic リソークリニックについて

お問合せ電話番号
03-6402-3645
受付時間
10:00~18:00(土日祝を除く)
住所
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1帝国ホテル東京本館4F

アクセス

  • 【地下鉄】
    日比谷線/千代田線/都営三田線 日比谷駅A13出口からすぐ

    【JR】
    山手線/京浜東北線 有楽町駅から徒歩5分

    【駐車場】
    帝国ホテル/1h 800円